京都相続診断士事務所ハートビーイング
家族で話し合っていますか?

もめない相続マインド編:あなたが、「相続でもめたくない」と強く願うことから始まります。

京都相続診断士事務所ハートビーイング > 生前相続対策 > 相続の専門家 > 相続税法がどう変わってもやることはここから!
Release: Update:

相続税法がどう変わってもやることはここから!

巷では

週刊誌等の見出しに

「相続税改悪」とか

「生前贈与は今の内に」みたいな

見出しの特集をよく見かけます。

 

先日も相談されました。

「生前贈与は、今の内にしなくちゃいけないんですか?」

 

突然、そこだけ尋ねられても

何ともはや、困りました。

 

というのは

誰に何を聞いてそう思われているのか

全くわからないんですね。

 

確かに

基礎控除額が今は年間110万ですが

この金額が引き下げになるかもしれない

って言われてます。

 

他にもありますが

どうもこのことを心配されてるようです。

 

これを税理士に相談したとしたら

「決定ではありませんが、そうなる可能性があります。お手伝いしますので、すぐに生前贈与を考えましょう。」

なんて回答をもらうかもしれません。

 

ちょっと待ってよ。

そもそも

お父さんの財産の総額を調べてもいないのに

先走っちゃ駄目ですよ。

 

基礎控除額が

3,000万円  +(600万円✖️相続人の人数)

以下なら相続税はかからないので

慌てる必要はないわけです。

 

仮に、その金額を超えていたとしても

110万円の生前贈与だけが

相続税を少なくする方法ではないんですよ。

 

こういっちゃ元も子もありませんが

お父さんの財産をもらった中から税金を払うので

あなたの今の預貯金が減るわけではないんですね。

 

そりゃぁ、確かに大きな金額の相続税を払うのは

損した気になるかもしれないし

できれば少なくしたいという気持ちも分かります。

 

合法的な節税方法については

私も最大限のサポートをします。

 

でも節税方法を考える前に

もっと大事なことがあるんです。

 

 

その財産の本当の持ち主であるお父さんの気持ちと考え

そして

お母さんの気持ち、弟や妹の気持ち・考え

そこを後回しにして

お金の節税の話をお父さんに持ちかけたら

まとまる話もまとまらなくなるかもしれません。

 

人は皆んな死にます。

お金の話をする前に

家族皆んなで、ご両親の今後について

まず話し合ってみませんか?

 

話すきっかけを見つけられない時は

相続コンサルタントを思い出してください。

↓  ↓  ↓  ↓

heartbeing@tatsmi-fp.com

Follow me!

HOME



コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お問い合わせはこちら

メールアドレス:asuwahare123@gmail.com

電話番号:080-3112-0260

お問い合わせ

 

 

PAGE TOP