いらない負動産がある。さぁ、どうしようか?

父は不動産を購入するのが趣味(?)で

サラリーマンなのに

自宅以外に4つの中古1軒屋を持ち、賃貸として家賃収入を得ています。

あなたはすでに結婚をしてご主人と一緒に

夫名義の家に住まわれていますよね。

 

お兄さんも結婚をして自分でローンを組んだ家に住んでいます。

二人共父が住んでいる実家には戻る気もないし

かといって、父が亡くなった後に売却して無くなってしまうのも寂しいですね。

 

それ以外の古家の賃貸管理なんて誰も任されたくないし

元気なうちに何とかしてよって気持ちです。

 

それら以外に、どうも遠くのどこかに土地を持っているらしい。

バブルの時に買った土地で今では二束三文

全く資産価値もなく固定資産税も払っていないらしい。

 

荒れ地の一軒家

 

兄に相談したら

「資産価値のある家土地だけ相続をして

どこかの土地だけは、相続放棄をしたらええやん。」

 

なるほど

相続放棄というやり方があるんや。

 

いえいえ、それは勘違いです。

家賃収入が入る家土地(資産価値がある)だけ相続して

ややこしい土地(資産価値がない)だけいらない

なんて、そんな都合の良いことはできません。

 

相続放棄は

「する」か「しない」の二者択一です。

「これをして、これはしない」なんて中途半端なことは認めてはくれないんですね。

 

だからあなたがすることは

父が元気なうちにその土地をどうするかを話し合うことです。

 

選択肢は6つ

①自治体などへ寄付をする

寄付を受け入れてくれる所があればいいのですが。

②隣人などへ贈与する

売ろうなんて考えず、もらってくれればラッキーです。

③相続放棄する

他のプラスの財産も放棄することになるので、オススメできません。

④売却する

誰もがほしくはない物件だから、かなり難しいことは覚悟しましょう。

⑤相続する

相続したくもないのに、登記費用がかかってしまうのはいやですよね。

⑥国へ贈与

法律が改正されて、管理費を支払えば、国有化してもらえます。

ただ、これから法制化されるので不明瞭な点もあり、いくつかの条件も付加されるようです。

 

結局、どうするのが良いんですか?

答えを急がないでください。

相続を考える時に心がけることは

目の前の問題だけに焦点を当てるのではなく

他にも隠れた相続問題がないか

全てをテーブルの上に載せてから最善の方法を探っていきましょう。

そんな時は

相続コンサルタントの存在を思い出してくださいね。

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)