京都相続診断士事務所ハートビーイング
家族で話し合っていますか?

もめない相続マインド編:あなたが、「相続でもめたくない」と強く願うことから始まります。

Release: Update:

エンディングノートを書こう⑦

エンディングノートは書くことが面倒臭いのでオススメしていません。

でも自分が死んだ後に

残された家族に迷惑はかけたくないと思っている人は、

最低限これだけは書き残しておきましょう。

シリーズ「エンディングノートを書こう」の②でお伝えしたことを復習します。

 

書き残しておくことは次の4つ

①私の相続人は誰?

②私の相続財産は?

③遺言書はあるのか?

④生命保険には入っているか?

 

相続人については

「エンディングノートを書こう③〜⑥」

今回から

相続財産について確認しましょう。

相続財産を知る目的

相続税がかかるのか、かからないのか

を事前に知っておくためです。

 

自分のことは何でも知っているつもりの方が多いですが

自分の相続財産がどれくらいあるのかについては

ご存知ない方が多いのが現実です。

 

相続財産は大きく分けると次の3つになります。

①不動産

②預貯金

③証券

④その他

 

個々によりお持ちの財産は違うので

平均値は意味がありませんが

日本全体の相続財産の総合計は①から③で約90%

金額ベースでは約50兆円

亡くなられた方一人当たり、約3,600万円

 

まず①の不動産から見ていきましょう。

あなたがお持ちの不動産は次のどれですか?

⒈持ち家

⒉分譲マンション

⒊賃貸マンション

⒋土地(更地):建物が建っていない

⒌土地(貸宅地):あなたの土地に第三者が家や事務所を立てている

⒍土地(借家建付地):大家としてマンションなどを建てて他人に貸している

※土地の説明は、分かりやすさを伝えるため簡略化した説明になっており、詳細は他条件が含まれます。

 

仮に全て同じ面積の土地だとしても、相続税評価額は変わります。

正確な金額は税理士に頼らないと出せませんが、

いきなり相談に行くのは費用もかかるだろうし

何となく敷居が高い。

それなら自分で調べましょう。

おおよその金額にはなりますが

私が調べ方をお教えします。

 

次回からをお待ちくださいね。

 

 

Follow me!

HOME



コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お問い合わせはこちら

メールアドレス:asuwahare123@gmail.com

電話番号:080-3112-0260

お問い合わせ

 

 

PAGE TOP