ネット証券やってたら、やらなあかんこと。

相続財産の代表的な物の三番目は証券です。

いわゆる

株式とか国債などです。

京都府の場合にはこの証券が約2割を占めています。

 

現在は、米中貿易戦争や英国のEC離脱問題などで

株式状況も不安定な状態ですが

アベノミクスの始まり頃にすでに株式取引を始められていた方は

大きな資産を残されている方もいると思います。

 

個人での株式取引で気になるものの一つに

証券会社に支払う手数料があります。

 

大手の窓口取引とネット証券を比較すると

約10倍の開きがあります。

一般の証券会社の窓口(電話であっても)で100万円の買付注文を出せば1万円。

(証券会社により違いはありますが)

ネット証券なら千円以下。

(証券会社により違いあり)

 

パソコンに抵抗がない人であれば

多くの方がネット証券を選択されるのではないでしょうか。

 

 

もちろん窓口取引にも大きなメリットがあります。

それは、証券会社の営業マンの知識と経験を活用できることと

会社という目に見える建物があるがゆえの安心感かと思います。

 

窓口取引の場合

色々な案内や通知が会社から送られてくるので

あなたのご家族は、あなたが◯◯証券で取引をしていることは分かります。

ネット証券の場合はどうでしょうか。

 

あなたが△△証券で取引をしていることを

あなたのご家族はご存知ですか?

 

私の望みは

今を真剣に生きることと

万一の時(私が突然死んだ時)に

家族に迷惑をかけないことです。

 

証券について「家族に迷惑をかけないこと」は何か。

 

以下の4点をメモに記し、家族の分かるような場所に保管しておく。

①△△証券で株式取引をしている

②ユーザーネーム

③パスワード

④ログイン後、検索「相続」で電話番号が分かるのでかける

 

なるほどと思ったあなた。

上記の4点を後でやろうと思ったとしたら、いつまでたってもやりません。

だから今、やってください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)