京都相続診断士事務所ハートビーイング
家族で話し合っていますか?

もめない相続マインド編:あなたが、「相続でもめたくない」と強く願うことから始まります。

京都相続診断士事務所ハートビーイング > 生前相続対策 > 相続の専門家 > 固定資産税通知書の中身の数字はどれが肝心なの?-その②-
Release: Update:

固定資産税通知書の中身の数字はどれが肝心なの?-その②-

前回

「固定資産税納税通知書」から

土地の相続税評価額の調べ方をお伝えしました。

 

相続税は

土地だけでなく家屋にもかかるのは知ってましたか?

 

土地の価格は

需要と供給の関係で変化するのですが、

一般人の私からみると

あまり変わっていないなと感じています。

バブル期は別とすれば、

首都圏を除いてあまり変化していない。

 

だから不動産投資を考えようという話しではありません。

 

つまり

土地の固定資産税は、今後もあまり下がらないと思うよ、ということです。

 

じゃぁ、

その土地の上に建てている家屋はどうなのってことです。

これは

明らかに年数が経つと

壁の補修や、瓦の葺き替え(最近瓦は少ないですが)、

どんどん劣化していきますよね。

 

家屋の固定資産税は下がっていく可能性があるということ

 

さぁ、今日の本題

家屋の相続税表額はどこを見るの?

下側の赤い丸

「価格/家屋の評価額」を見てください。

これは、家屋の固定資産税算出の元にする価格です。

 

家屋の相続税評価額はこの数字と同じになります。

 

前回に計算していただいた土地の相続税評価額

今回の家屋の相続税評価額

この2つの価格を

遺産分割の際の参考にしてください。

 

現実には

一つの家を兄弟2人で公平に分けることは

不可能に近いです。

 

財産の分割を公平に分けるという幻想は持たないで

遺産分割協議に望みましょうね。

 

どうすりゃいいの

って時にお役に立てるのは士業ではなく

相続コンサルタントです。

 

お問い合わせ

Follow me!

HOME



コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お問い合わせはこちら

メールアドレス:asuwahare123@gmail.com

電話番号:080-3112-0260

お問い合わせ

 

 

PAGE TOP