平均余命

前回のブログでは

京都市では、

毎年約1%の人がお亡くなりになっているという

統計を見ていただきました。

でも何か実感なく無いですか?

 

そう、お気付きの通り

死亡率は年齢によってお亡くなりになる比率は違います。

ざっくりいうと

若い人の死亡率は低く

高齢になる程死亡率は高くなります。

 

それを

平均余命と言います。

 

読み方は

一般的には「へいきんよめい」と読まれることが多いですが、

「へいきんよみょう」と読まれる場合もあります。

 

よく平均寿命と勘違いされる場合があります。

 

平均寿命とは

今生まれた赤ちゃんが

何歳まで生きられるかという推定寿命のこと

 

平均余命

ある年齢に達した人が

この先、何年生きられるかという推定寿命のこと

 

2017年の平均寿命が2018年夏に公表されました。

 

女性:87.26歳(世界第2位)

男性:81.09歳(世界第3位)

 

この数値を聞いて80歳の男性は

「わしは後、1年しか生きられないのか。」

 

いいえ、80歳の男性の場合

91歳くらいまで生きられます。

 

平均余命予測寿命の表を参考にしてください。

 

 

今、あなたはおいくつですか?

ご存命の間にやりたいこと

後回しや先送りにしていることはないでしょうか?

 

あなたのご両親はご健在ならおいくつですか?

相続についてお話をされたことはありますか?

 

ご両親のお気持ちを確認し、

子であるあなたの想いを言葉にして伝えておくことは

ご両親が

これからの人生を安心して

楽しむために大切なことであると考えています。

 

その家族間での話し合いは

ご家族だけでやってはいけません

 

その理由は

①法律的に正しい知識をお持ちでない
②大切なことと、そうでないことが分からない。
③双方の意見・考えが違う場合に、相続の話以外に脱線してしまう。
④大事なポイントがずれたまま時間が過ぎてしまう。
⑤個人の一部の経験に基づいて話が進んでしまう。
⑥問題の本質が分からない。
⑦声の大きい(影響力の強い)人の意見が通ってしまう。
⑧相続経験が少ない(あるいは初めて)ので着地点が見えない。
⑨他の事例を知らない。

 

相続コンサルタントは

生前相続対策の専門家です。

生前相続対策で一番大切なことは

ご家族の問題意識のレベルを同じにし

できる限り意見・考えを合わせることです。

 

相続コンサルタントの仕事の一つに

第三者の私が

あなたのご家族の

「家族会議」(ご家族での話し合い)

の司会進行を支援することができます。

 

相続といっても

何から相談したら良いのかも分からない。

お任せください。

 

あなたと二人三脚で

問題点を明確にしていきましょう。

 

 

今回も

最後までお読みいただい

ありがとうございました。

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)