物忘れが増えてきた。これって認知症?

顔は覚えているのに名前が思い出せない。

何かを取りに2階へ上がったのに、何を取りに来たんだっけ?

昨日用意しておいた書類、どこに置いたっけ?

 

あなたも経験ありませんか?

 

若い時は単なる「忘れん坊」で済まされていたかもしれませんが

年齢を重ねてくると次のような心配をしてしまいます。

 

これってひょっとしたら

「認知症」の症状かもしれない。

 

 

実は認知症は

お年寄りだけの症状ではなく

若い人でも発症するんです。

 

若い人とは、18歳から64歳までの人たちのこと。

昨年のデータでは

10万人に約50人程度といわれています。

0,0005%

パーセントで表すと低いですが

人数は33,000人以上の人が

「若年性認知症」だといわれています。

 

認知症じゃなくても

年を重ねることで色々な体の機能が少しづつ衰えてきます。

物忘れが多くなるのは

病気ではなく自然なことです。

 

いくら自然だといっても

もしも認知症なら、何か対策をしなくっちゃ、と思いますね。

 

まず、記憶には3段階あることを知りましょう。

1.記憶すること

2.記憶したことを、記憶し続けていること

3.必要に応じて思い出すこと

 

通常の物忘れは

3番の思い出せない、ということなので

認知症を疑うことはないかもしれません。

 

もしも認知症なら

そもそも1番ができていないんですね。

 

冒頭の例に戻ると

顔は覚えているのに名前が思い出せない。

→ 会ったことそのものを覚えていない。

何かを取りに2階へ上がったのに、何を取りに来たんだっけ?

→ 何故私は2階にいるのか分からない。

昨日用意しておいた書類、どこに置いたっけ?

→ 書類を用意したこと、そのものを記憶していない。

 

そもそも最初の記憶をしていないということは

自分で自分のことを「認知症かも?」と判断することは難しいかもしれません。

 

あなたの親が認知症かも

と疑いを持たれたら

対策をしましょうね。

 

    お問い合わせ、ありがとうございます。
    3営業日以内に返信を差し上げます。

     

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)