相続財産の公平って何?

相続財産を公平に分けるとはどういうことでしょうか?

 

1,000万円の現金を残して親がお亡くなりになったとします。

相続人は兄と弟の兄弟二人です。

税理士に相談しても

弁護士に相談しても

その他のいわゆる相続の専門家を名乗っておられる先生方に相談しても

返ってくる答えは一つです。

 

「ご兄弟でもめないように、

お一人500万円づつで分けられることをオススメします。」

 

本当にこれで公平でしょうか?

 

 

兄は勉強が良く出来たので

私立の進学校から東京の私立大学へ進み

ワンルームマンションを借りながらの大学生活。

途中、海外留学も親が渡航費などを用意しました。

そのまま、東京で上場会社に就職しましたが

営業ノルマに耐えられず

転職を繰り返し

実家にはほとんど帰省することもありません。

 

弟は勉強が嫌いだったので

地元公立の工業高校を卒業して

地元の中小企業へ就職。

ずっと親とは同居していました。

 

親の子どもたちへの愛情に差はありません。

でも、内心は長男への気持ちよりも

ずっとそばに居てくれた弟の方が愛しく感じています。

 

親は

自分が死んだ後も

兄弟仲良くいてほしいと思っています。

 

あなたが親の立場だとしたら

あなた自身がなくなった後に

あなたの財産を500万円づつ均等に分けてほしいですか?

 

それとも

ずっとそばに寄り添ってくれていた弟に

多くの財産を残してあげたいですか?

 

正解はありません。

どちらが正しくて

どちらが間違っているということもありません。

 

あなたが親の立場だとしたら

どうしたいのか

それがあなたにとっての答えです。

 

そんなあなたに寄り添うことの出来る相続の専門家は多くはありません。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)