親がボケたら困ること

最近、後見人という言葉を知っておられる方が増えてきました。

多くの場合それは

自分の親や身内の誰かに

認知症の疑いを感じた時に

ネットや書物で調べられるようです。

 

 

2000年4月からスタートした制度で

正式には

「成年後見制度」といいます。

どのような制度なのか?

 

簡単にいうと

認知症になった後に

お金の管理や

入院の手続きなどを手伝ってくれる人をつけてあげますよ

という制度です。

 

奥さんである私がいるからとか

息子である私がいるからとか

その制度、私には関係がないと思われるかもしれません。

でもね

もしもお父さんが認知症になったら

ご家族でも出来ない困りごとが起こるんです。

 

①定期預金の解約ができない

そもそも本人でないと解約ができない。

介護でお金かかるから引き出そうと思っても引き出せない。

 

②普通預金のATM磁気カードの不備があっても再発行できない

パスワードさえ分かれば引き出せますが、磁気カードが不良の場合に本人でないと窓口で再発行できません。

私も過去に二度磁気不良がありました。

 

③保険の満期金を受け取れない

受取書には本人自筆の署名がいります。

 

④株式などの売却ができない

本人でないと窓口で受け付けてくれません。

ネット証券の場合には、事前にご家族で共有しておきましょうね。

ネットが苦手でよく分からなければ

全部売却してスッキリとさせることも考えてみてくださいね。

 

昔と違い

個人情報の管理が厳しくなって

ご家族でも他人名義のものを自由勝手にできないということです。

(親や配偶者も他人ですからね)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)