配偶者が亡くなった後、自由に一人で生きていきたいあなたへ。

ぶっちゃけた話をしましょう。

夫婦の仲が良かろうが、悪かろうが

死ぬ時は一人です。

 

まれに夫婦同席で大きな事故や天災にあい

同時にお亡くなりになることもありますが

多くの場合には

ご夫婦のどちらかが先にお亡くなりになります。

 

長年連れ添った配偶者(夫または妻)がお亡くなりになる。

それは悲しいことではありますが

生きていくためには

いつまでも悲しんではいられません。

 

時には

しがらみを断ち切る場合も必要かもしれません。

 

「しがらみを断ち切るってどういうこと?」

 

例えば

あなたは女性で

夫の親と一緒に同居しています。

嫁の立場として

高齢になる義理の両親(今がお元気でも)のお世話が待っているかもしれません。

もちろん

夫が先に亡くなった後もそのご両親のお世話をしながら

ご自身の人生を全うすることもできます。

 

もう一つの選択肢は

夫の家族とは縁を切って

あなただけの人生を歩むことです。

 

2つ目の選択をした場合にやることは3つ

「復氏届」の提出・・・姓を旧姓に戻します。

「姻族関係終了届」・・・夫の家族との縁を切るということ。(単独でできます)

③そのことを義理のご両親にお話をする。

 

①と②は、役所へ行って手続きをするだけですが

③については、決断と勇気がいるかもしれません。

非難や中傷を浴びることもあるかもしれません。

 

その手続をする自分自身をよく見つめ

その理由を明確にしておくことが肝心です。

 

 

上記の家族関係で

あなたが先に亡くなる夫の立場だったらどうでしょうか?

 

あなたが元気なうちにやっておくことの一つは

 

みんなが元気なうちに家族会議を開き

まずご両親がご自身の最後をどうしたいのか?を確認する。

自宅で?

または老人ホームなどの施設で?

 

もし施設がご希望なら

そのための入所費用などを試算して用意しておくことが必要です。

 

自宅で看取ってほしいというご希望なら

その時の妻の表情を読み取ることが必要になります。

妻の口からでる言葉ではありません。

 

相続対策は

財産の分け方だけではないんですよ。

 

家族会議支援が必要な時は

相続コンサルタントにご相談くださいね。

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)