高齢の親がいれば考えておくこと

最近は早起きを意識して、4時に目覚ましが鳴り二度目のベルで目を覚まします。

そして、5時から40分(約5000歩)のウオーキングに出ることが習慣になっています。

早朝は、朝日も浴びれて空気もきれいで人も少なく気持ちのいい1日のスタートが切れています。

 

目的は自分の健康ですが

きっかけは、親が高齢になっていることです。

今は元気ですが

高齢者白書によると

85歳以上の3人に1人は認知症。

90歳以上では、男性は2人に1人、女性は3人に2人。

 

90歳の母親は認知症ではありませんが

軽度認知障害(MCI)の傾向があるようなんです。

軽度認知障害とは、日常生活には差し支えがないが、一部だけボケてますよということ。

 

介護に備えて、自分の健康を維持することはしていますが

法律的なことは、私が健康なだけではカバーできません。

 

国が用意してくれている制度は

成年後見人制度です。

 

この制度は大きく分けると2つ

1.法定後見制度

2.任意後見制度

 

すでに認知書になってしまっていたら法定後見制度

認知症になる前であれば、任意後見制度

 

次回は

法定後見制度についてお伝えします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)