「終活」をやりたくないあなた、「終活」をやらない場合のメリットについて考えませんか?

「終活」って何?
と改めて問われたらどう答えますか?

ウィキペディアには人生の終わりのための活動

と書いてありました。

漢字の意味から推測して、そんな風にとらえても仕方がないんでしょう。

だから、やる気が起きないんですよ。

終活を、ね。

 

夕日の海岸沿いを歩く女性

 

もしもあなたが

またはあなたの身近な大切な方が余命宣告をされていたら

「終活」なんて呑気なこと言ってられません。

残された時間をいかに大切な人と

大切に過ごすかを考えます。

終活なんてやっている気持ちの余裕はありません。

でも、もめないように遺言は残しておいた方がいいでしょう。

 

この誰も積極的にはやりたくない「終活」ですが

やらない場合の大きなメリットが二つあります。

 

今回はそのメリットをお伝えしますね。

 

①費用がかからない

・もし相続コンサルタントの私に「終活」を依頼されたらフィーが発生します。

つまり、専門家に頼むとお金がかかるんですよ。

 

・将来、認知症になるかどうかも分からないのに

いざという時の備えとして

「任意後見制度」契約をしようと思えば

これもお金がかかります

 

・生前贈与すれば、相続税が少なくなりますよ

そんな事言われたって

あなたが死んだ後に

相続税が多かろうが少なかろうが

知ったこっちゃないですよね。

それに生前贈与したら

今のお金が減るからいやじゃないですか。

ね。

 

・生命保険に入れば、譲りたい人にお金を渡せますよ

なんて言われても

この年になって今さら

保険契約なんかしたくありませんよね。

 

②面倒なことに向き合わずに済む

・もし相続コンサルタントの私に「終活」を依頼されたら

根掘り葉掘り聞きまくります。

言いたくないこともあるし

触れたくないことも思い出さなきゃならないし

そんないやな時間を取りたくないですよね。

 

・任意後見制度だって

契約書だの公証役場へ行かなきゃならないとか

そんな堅苦しい場所へ行きたくないですよね。

 

・生前贈与だって

長女には渡してやりたい気持ちはあるが

長男には渡したくないんよね。

すると不公平だとか何とか

生きてるうちにもめ事になるのはいや。

もめるなら、死んでからにしてくれ

 

・生命保険の営業の人は

どうも信用できないんよね。

 

今の自分の財産も減らしたくないし

面倒なことはしたくないし

やっぱり

「終活」するのは、やめにしておこう。

 

もし気が変わって「終活」しようかなと思われたら

迷わず、相続コンサルタントを思い出してくださいね。

費用がかかっても

辰巳に頼んで良かった

と言ってもらえますから。

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)