お一人さまの選択肢

お一人でお住まいの方はたくさんいらっしゃいます。

生涯、独身の方もおられます。

私の友人(中学・高校の同級生)にも数人います。

離婚して一人だという友人もいます。

配偶者と死別して、一人だという友人もいます。

 

日本全体で何人のお一人さまがおられるんでしょうか?

日本全体では、1,934万人(人口問題研究所2020年推計)。

全世帯数の35.7%です。

65才以上では、702万5千人。

75才以上になると、395万8千人。

 

 

ご自身の病気・介護・その他不安要素はあると思いますが、

あなたの残された財産はどうなるのかご存知ですか?

いわゆる相続です。

 

もちろん一人でお住まいでも

家族が別の場所に住まわれている方は多いです。

私の長男も千葉県でひとり暮らしをしています。

 

血縁や法定相続人がいらっしゃれば

その方たちに

あなたの財産は引き継がれます。

 

仮に

家族は誰もいない。

ずっと独身だったし、これから結婚するつもりもない。

もちろん、子どもも作っていない。

親は高齢ですでに亡くなっているし

一人っ子だから兄弟もいない。

 

その場合

あなたが何の意思表示もしなければ

あなたが亡くなった後の

あなたの財産は国のものになります。

 

それは国のためになるので良いことでもあるかもしれませんが

もう一つの選択肢があります。

 

それは、遺言書を書くということ。

あなたが将来亡くなった後の

自分の財産をどうするか

それを自分で決めておくことができる方法

法律上有効な手段の一つが

遺言書を書くということ。

 

一人で生きてこられたあなた

自らの最期もご自身で決めたくはありませんか?

 

遺言書作成で大切なことをお伝えします。

遺言執行人を指名しておくことです。

 

遺言執行人とは

遺言通りに財産を責任持って分けてくれる人のことです。

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)