お父さんは聞き耳を立てている、遺言書を書いた人。

あなたのお父さんに

ぜがひでもやってほしいことがあります。

それは、遺言書を書くことです。

 

遺言書には大きく分けて2つ

一つは、公正証書遺言

一つは、自筆証書遺言

 

日本人の性癖の一つに

周りがやっているから

自分もやらなきゃ、って思う人多いような気がします。

 

それじゃぁ、遺言書って何人くらいの人が書いてるんでしょうか?

 

まず、公正証書遺言です。

 

公正証書遺言を作成している人は

日本公証人連合会が公表しています。

 

2011年:78,754件

2020年:97,700件

この10年で1.24倍になっています。

 

ちなみに

2020年はコロナ禍で減少していますが

2019年は、113,137件

 

自筆証書遺言の作成者はどうでしょうか?

これは文字通り

自分で書いて、自分で保管するので

その実態は

今までは分かりにくかったでした。

 

それが

2020年7月からの新しい制度で

法務局で保管してくれるようになったんですね。

 

法務省の全国アンケートからの推計によると

55歳以上で、すでに遺言書を作成したよ、という人が

2,117,105人

へぇ〜、210万人もいるんやね。

 

その内、法務局へ保管したいと思っている人は

892,935人

約42%です。

 

自分で書いたものは

自分で好きな所に保管したい人の方が多いんですね。

お上の信用度は半分以下なんでしょうかね。

 

これから作成したいと考えている55歳以上の人は

9,927,157人

何と、990万人以上ですよ。

 

合わせると

1,200万人を超えますね。

 

さぁ、ここからが本題です。

 

あなたのお父さんに遺言書を書いてもらう情報として

これらの数字はお役に立ちそうですか?

 

 

まずは

お父さんにゆるやかなボール球を投げます。

いきなり直球勝負は避けたほうがいいと思います。

 

つまりこういうことです。

どこかのタイミングで

あなたはお母さんに話しかけます。

「ねぇねぇ、日本で遺言書って何人くらいの人が書いてるか知ってる?」

リビングでくつろいでいる

お父さんに聞こえるように言います。

 

お母さんが答えます。

「さぁ、1万人くらいかしらねぇ。」

 

「私も聞いてびっくりしたんだけど、300万人いるんだって。これから書こうと思っている人が1,000万人近くもいるらしいよ」

(公正証書遺言が約89万人、自筆証書遺言が約211万人)

 

びっくりしたお母さんがお父さんに言います。

「お父さん聞いた?

遺言書を書いてる人が、300万人もいるんだって。」

 

お父さんはきっと

テレビを見るふりをして

母と娘の会話に聞き耳を立てていたはず。

 

最後は

あくまでお父さんの選択です。

 

お父さんが書く気になった時に

さりげなく

情報だけは伝えておきましょう。

 

「遺言書を作るお手伝いをしてくれる、相続コンサルタントっていう仕事があるんだって。」

これ、私のことです。

 

お父さんがその気になってもならなくても

まずは、ご相談くださいね。

↓ ↓ ↓

heartbeing@tatsmi-fp.com

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)