京都相続診断士事務所ハートビーイング
家族で話し合っていますか?

もめない相続マインド編:あなたが、「相続でもめたくない」と強く願うことから始まります。

Release: Update:

エンディングノートを書こう③

あなたが亡くなって、困る人は誰ですか?

あなたが亡くなって、悲しむ人ではありません。

 

そうです。

困るのはあなたが残した財産を誰がもらうのか

なかには思いもかかけないお金がもらえたと喜ぶ人もいます。

でも誰がもらうのかがはっきりと分からないと

あなたの大切なご家族は困ってしまいます。

 

日本では年間に約140万人の人が亡くなっています。

残される財産は約50兆円。

一人当たりでは、約3,600万円。

 

自分の預貯金はそれほどないし、

どこかのお金持ちの話でしょ

と思ったあなた。

 

分譲マンションや持ち家をお持ちなら

それを現金化すればそういう額になっちゃいます。

 

たとえ少ない預貯金しかなくても関係はありません。

悲しいことですが

ある程度まとまったお金を目にすると

人が変わってしまう

そんな人がいることは現実です。

 

あなたの財産はあなたが亡くなった後、どうなるか。

そうです、あなたのご家族で分けるんですよ。

 

基本、ご家族なんですが

ご家族ではなく、遠い親戚の場合もあります。

その財産をもらう人は法律で決められています。

その方を「相続人」と呼びます。

 

さぁ、これからあなたの相続人が誰なのかを探しましょう。

 

●独身の方の相続人

①あなたのご両親

②(両親ともに死亡)あなたの兄弟姉妹

③(兄弟姉妹も死亡)あなたの甥姪

④(甥姪もいない)国が没収

 

●ご夫婦のみ(子がいない)の相続人

①配偶者とあなたの両親

②(両親ともに死亡)配偶者とあなたの兄弟姉妹

③(兄弟姉妹も死亡)配偶者とあなたの甥姪

④(両親・兄弟姉妹・甥姪もいない)配偶者が全部

 

●ご夫婦(子がいる)の相続人

①配偶者と子で全て

 

ここには、一般的なご家族の例をあげました。

現実の世界では、もっと複雑なご家庭が多くあり

それらの全てをここに取り上げることはしていません。

その場合には、個別にお尋ねください。

 

今回も

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

HOME



コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お問い合わせはこちら

メールアドレス:asuwahare123@gmail.com

電話番号:080-3112-0260

お問い合わせ

 

 

PAGE TOP