遺言書は書いといたほうがええで。

遺言書を書いてほしいんです。

何故書いてほしいかを伝える前に

言葉の意味を知っておきましょう。

 

皆さんはご存知でしょうか?

 

「遺書」「遺言」の違い

 

私は自主開催セミナーを開いたときに

参加の方々に毎回お尋ねしますが

今までにその違いをご存知の方はいらっしゃいませんでした。

 

「遺書」は死ぬ前に書きます。

「遺言」も死ぬ前に書くんちゃうんか、って思われましたね。

そんなこと言ったら

全てのことは死ぬ前にやります。

 

もうちょっと分かりやすく言い換えます。

「遺書」は、死ぬ直前に書くお手紙です。

 

例えば

これから自殺する人が書く手紙といえば分かりやすいかもしれません。

 

それに対して「遺言」

財産の分け方を書きます。

さらにその「遺言」は何歳から作成することができるかを

民法で定められています。

 

その年齢は義務教育終了する15歳です。

一般的に考えれば

15歳という年齢は高齢の方から見れば、すぐに亡くなる年齢ではありません。

 

繰り返しますが

「遺言」はあなたが持っている財産を

誰にどのように分けるかを記したものなんです。

 

「遺言」を残さずにあなたが亡くなったら

残されたご家族は

あなたが残したあなたの財産をどうされるでしょうか?

 

そんなことは残された家族がやることで

自分はもう死んでるから関係ないよ、

と言えるでしょうか?

 

あなたの財産をあなたが亡くなった後にどうするかは

あなたご自身に全責任があります。

だってそうでしょう。

 

あなたの財産の取り合いで

仲の良かったご家族や子供達がケンカしたり

ギクシャクして家族がバラバラになれば

それは、あなたの責任です。

 

あなたの残す財産は

単なるお金ではありません。

 

せっかく残した財産がご家族間で揉める原因にもなるし

経済的な助けになることもあります。

どちらを選択するかはあなたです。

 

どうか

家族や子供達のことを考えて

あなたの気持ちを乗せた財産の分け方を

「遺言」として残してください。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)