あなたの財産はどれくらい?

相続財産を知ろう!

「そんな面倒くさいことやってられへんは。明日死ぬわけでもあれへんし。」

明日、死ぬかどうかはあなたが決めることではありません。

事実として日本の1日の死亡者数は3,279人。

(参照元:http://www.hokende.com/static/life/features/infographic/20130617/)

 

だから知っといたほうがいい。

 

理由は二つ

①相続税がかかるかどうかを知っておくため。

相続税がかかりそうなら節税対策をしないと

相続税をがっぽりとお国に納めることになります。

節税対策は、あなたが元気な内でないとできません。

あなたが死んでからでは、節税対策はできないんです。

もし財産が不動産中心であれば、相続税納付の現金がないってこともあります。

「その時は、不動産を物納すればいいやん。」

ダメです。

25年ほど前のバブルの時には、物納が多かったのは事実ですが

10年ほど前から物納はほぼ認めてもらえてません。

平成30年の例では

約11万件の内、物納が認められたのは47件でした。

②残された家族が揉めないため。

あなたが死んだ後に残された家族が

あなたの財産の分け方で揉めるかどうかは

今、家族の仲が良いかどうかではありません。

あなたの残す財産が相続人の間で

公平に分けられるのか

または、家族が納得する分け方ができるのか

例えば

2000万の価値がある自宅と預貯金500万円の相続財産を

兄弟3人でどうやって分けるんですか?

だから

どんな種類の財産が

どれくらいの金額あるのかを知っておくことが必要なんです。

それが分かれば対策が立てられます。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)