京都相続診断士事務所ハートビーイング
家族で話し合っていますか?

もめない相続マインド編:あなたが、「相続でもめたくない」と強く願うことから始まります。

Release: Update:

子のいない夫婦②

私の友人にお子様のいないご夫婦がいます。

自分が死んだら妻に全て相続させたい

彼はそんな風に言ってました。

 

前回は、それが叶う場合と、叶わない場合があるというお話をしました。

 

夫のご両親は高齢のため他界されています。

でも夫にはご兄弟がおられました。

 

その場合、法律上では妻が4分の3、兄弟全員で4分の1

資産総額が8,000万円だとすると

妻が6,000万円、兄弟が2,000万円。

 

もし兄弟の方が亡くなっておられても

その方にお子さまがいれば

代襲相続といって

その甥や姪に2,000万円を渡すことになります。

 

夫の兄弟といっても

夫の甥や姪といっても

普段からお付き合いがあるとは限りません。

 

もし年賀状程度のお付き合いで疎遠になっていたら

2,000万円も渡すのって

なんとなくシャクですよね。

 

 

大丈夫、完璧な対策があります。

それは遺言書です。

遺言書に「妻に全財産を渡す」と書いておけば大丈夫です。

 

「でも前回のブログで遺留分があるって書いてあったけど」

はい、ご両親には「遺留分」があるのですが

兄弟には「遺留分」がないんです。

 

でも夫が先に死ぬって決まっているわけではないですよね。

ということは

遺言書は夫だけでなく

妻も書いておかれることを強くお勧めします。

Follow me!

HOME



コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お問い合わせはこちら

メールアドレス:asuwahare123@gmail.com

電話番号:080-3112-0260

お問い合わせ

 

 

PAGE TOP