相続は残された家族がやればいい?

ご家族の中で

一番最初に相続のことが気になるのは誰でしょうか?

 

あなたが親の立場だったらどうでしょうか?

 

自分の相続には無頓着で、まったくそんなこと気にもかけない人もいらっしゃるでしょう。

「自分が死んだら

残された家族でいいように分けるでしょう。

そんな死んだ後のことよりも

それまでの自分の生活や楽しみのほうが気にかかるわ。」

 

・あなたが気にかけなくても、相続は100%起こります。

その財産が、多い少ないにかかわらずです。

お元気な間、人生を楽しむのは大賛成です。

その方が、ご家族も安心してそれぞれの生活を楽しむことができます。

 

ただ平均寿命と健康寿命には差があって

多くの方は

ご自身が亡くなるまで

10年前後の身体の調子の悪い期間があります。

もしそうなったら

どなたにお世話をお願いしたいですか?

 

 

例えばそれが長男の嫁だとしたら

長男の嫁には一切の相続権はありません。

あなたが元気な間に

何かを残すお約束をすることも

相続対策なんです。

口約束ではなく、法的に認められる形のあるものとしてです。

 

「誰の世話にもなりたくない。

そうなったら、ホームに入って家族に迷惑はかけないつもりです。」

 

近年、認知症患者数が増えていて

85歳を超えると、女性の場合

2人に1人が認知症だという厚生労働省のデータがあります。

 

本人に判断能力が無くなると

親が一人住まいしていた家を売却して

ホーム入室の頭金にしようと思っていても

 

ご家族でも親の家の売却はできません。

ホーム入室のための契約書も家族でも出来ない場合があります。

でも元気なうちなら

それらも解決できる制度があります。

 

認知症への備えも

相続対策なんです。

 

これからの人生を心置きなく楽しむために

元気なうちの相続対策で

すっきりとされることをオススメします。

 

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)