親の介護が気にかかる

50歳代のあなたが今

気になっていることは

何でしょうか?

 

あるアンケートによると

1位:親の介護

2位:お金

3位:仕事

だそうです。

 

私にも88歳の母がいるので

気になることです。

足腰が少し不自由なので

要介護支援には認定されていますが

介護が必要なほどではありません。

 

あなたのご両親がご健在で

今が介護状態でないなら

介護に備えての準備の情報は

沢山あるので

そちらのサイトを参照してください。

 

ここでは相続コンサルタントの立ち位置から

介護に対する備えについて

一緒に考えていきましょう。

 

いっちゃん考慮することは

親が認知症になった時でしょうか。

 

生前相続対策において

ひとつのゴールは

遺言書の作成と家族全員の同意です。

(節税対策ではありませんよ)

 

認知症になると

遺言書を作成することが出来ません。

 

また

親を除いて遺産分割の話し合いをするため

どうしても

全員が納得するような結果に導くことが

難しくなります。

 

もし

親の介護や認知症が気になるようなら

家族が集まった時に

皆がどんな風に考えているか

意見を聞いておきましょう。

 

その時のアドバイスです。

 

家族から出た意見や考えを

その場ですぐに

否定しないこと。

 

一度否定してしまうと

その後の話し合いを持つことは

大変難しくなってしまいます。

 

 

今回も

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)