相続対策にも目的と目標がある

お母さんはすでにお亡くなりになっています。

お父さんは80歳を超えても

元気に仕事をしていますが

持病の糖尿病があるのに

一人住まいで外食ばかりの生活

 

あなたは一人っ子なので父の財産は全て相続できます。

でも父の財産の一つに

収益物件の常に満室のマンションがあり

意外と相続税が多くかかりそうだぞ。

 

あわてたあなたは

父に詰め寄り

節税対策の必要性を訴えますが

一人住まいの父には響きません。

 

おまけに奥様にも

最近はお金の話しかしない夫にあいそをつかされています。

 

お金はなぜこうも

一部の人の心を狂わせてしまうんでしょうか?

 

私はビジネス向けのセミナーで

よく目的と目標の違いについてお話をします。

 

相続対策も同じで、

真の目的を見失って

目標を目的と勘違いしてしまうと

不幸な相続を迎えてしまいます。

 

あなたが

そこまで節税にこだわるのはなぜですか?

 

過去に経済的に厳しい経験をされたのかもしれません。

ご自身や家族の将来に経済的不安があるのかもしれません。

 

でも今のあなたの行動や言動は

節税という目標ばかりに意識を向けているため

奥様からの信頼も薄れご夫婦の関係も危うくなっていくかもしれません。

 

節税が成功して

多くのお金を相続できればそれで満足ですか?

 

将来お父さんがお亡くなりになる前に

ご夫婦の危機が訪れないともいえません。

 

あなたの目的は

節税をすれば相続のお金が増えて

奥様が喜ばれると勝手に思われているだけかもしれませんね。

 

 

奥様の望まれているお気持ち(奥様の目的)をよく傾聴し

あなたの節税への想い(あなたの目標)を伝える話し合いをしてください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)