税理士選びは簡単じゃない

相続のほとんどが土地であり

相続人が複数おられる場合には

公平に分けることが難しい

 

相続に詳しくない税理士にお願いすると

次のような対策をして

自分はきちんとご依頼人のために最大の仕事をした

と言って報酬を請求されます。

 

どのような対策かというと

共有名義にして

金額的に公平にしようとされるんですね。

 

これは母と子ども3名の仮の分け方です。

路線価も考慮して金額的には合わせていても

その後、どうするんですか?

 

俺はこんな細長い土地はいらんわ。

私、角地なんてほしくないわ。

その後に母がなくなった時の土地はどう分けるんですか?

そもそも、この土地の真ん中に家が1軒建っていて

その敷地には3人共重なっています。

 

将来売却する時には

全員で承諾が必要になり簡単に売ることはできません。

 

税理士は税金のプロですが

相続のプロといえる方は

ほんの一握りしかおられないということを

頭に入れておいてください。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)