遺言書は面倒くさいので書くのは辞めちゃいましょ。

「終活」をやった方が良いという記事はあふれていますが

やらないメリットもあるとお伝えしました。

見逃された方はご覧くださいね。

↓ ↓ ↓ ↓

「終活」をやりたくないあなた、「終活」をやらない場合のメリットについて考えませんか?

 

同じように「遺言書」も書いたほうが良いということは耳にしますが

書かないメリットもあるんじゃないの?

仮にお父様が遺言書を書く場合を想定しますね。

 

手紙を書く

 

お母様が元気であること。

子どもたちが仲が良いこと。

1年に1回以上は家族で会って、コミュニケーションが取れていること。

子どもたちはそれぞれに独立して結婚もしている。

経済的にも親からの援助はなく自立している。

子どもたちは親の相続に対してすでに話し合っている。

「母親の将来の介護は誰がお世話するのか?

お父さんの相続財産の内、不動産などの分けにくい財産については

共有名義ではなく、どのようにするかを決めている。」

 

これだけの条件がそろっていれば

父親が自分の思い込みで一人で書いた遺言書は

かえってない方が良いですね。

 

大体、親は子どもの希望を分かっていないもんですから。

 

前回も書きましたよね。

遺言書があるがためにもめちゃった。

↓ ↓ ↓ ↓

遺言書を書いたのに、何故もめるの?理由は簡単明瞭です。

 

大体、遺言書なんて書くの大変なんですよ。

簡単に考えておられる方が多いですけどね。

 

法律に則った、正しい書き方でないと認められないし

専門家に頼めば報酬が発生するし

その上、その遺言書を保管してもらうのに

わざわざ、公証役場や法務局へ行かなくちゃいけないし

 

そもそも

面倒くさいことはやりたくないですよね。

遺言書なんて

書くの辞めちゃいましょ。

 

でも上記のご家族の条件がそろっていない人は

相続コンサルタントに相談してくださいね。

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)