一人暮らしのお父さんの実家、どうされますか?

ご近所に空き家って見かけませんか?

私の住んでいる町内には、2軒あります。

2軒とも住まわれていた方が高齢者で、お亡くなりになった後そのまま放置されています。

この地に引っ越してきて16年になるので、それ以前からの空き家です。(経緯は町内会長から聞きました)

 

あなたのお父さんは別居されていて、現在一人暮らしですか。

仮にお父さんが亡くなられた後にその実家をどうされるかは、ご兄弟(お父さんも交えて)で家族会議をされましたか?

 

今現在、空き家のまま放置されているのには理由があります。

1.相続したい人が複数いて意見がまとまらない。

2.相続したい人が誰もいない。

3.売却するにも家が古いので取り壊さないと(費用がかかる)、売却しにくい。

4.取り壊して更地にしたまま放置すると、固定資産税が高くなる。

 

ま、上記以外にも理由はあるでしょうが、あなたのお父さんの実家はどうされますか?

 

 

実はね

いくつかの自治体(尼崎市、神戸市など)では、固定資産税の見直しを始めています。

簡単に言うと

空き家のまま放置されて倒壊などの危険がある場合には、固定資産税が高くなるということです。

住宅ではなく非住宅用地に変更されると、税額は3〜4倍に跳ね上がります。

 

日本の住宅地6,242万戸の内

空き家が876万戸(13.6%)もあれば、問題ですからね。

(平成31年4月26日:総務省統計局資料より)

 

お父さんの家が、倒壊の危険性があるまで放置されることはないかもしれませんが

お父さんの元気な間に

分けにくい財産である不動産の将来は

皆んなの考えを共有しておきましょうね。

 

家族会議を開くときは

第三者の専門家を司会進行に置く方がスムーズに進みます。

第三者の専門家に知り合いがいなければ

私までご相談くださいね。

↓  ↓  ↓  ↓

お問い合わせ